雄琴ソープの高級店から大衆店まで

滋賀の雄琴にあるソープランドといえば日本でも有名なソープ街である。
関西でソープにいく場合、だいたいの客が雄琴と神戸の福原のソープを目指す。
雄琴ソープ アマンクロスやフォーナインなど
全国にその名を轟かす名店が多い。
雄琴は古くから雄琴温泉の地として有名だったが、
いまではすっかり雄琴=ソープのイメージが定着している。
そんな雄琴のソープには大小40店舗ほどのソープランドがあり
高級店から大衆店まで様々な価格に応じて遊ぶことができる。
一言でソープと言っても価格に比例して当然女性のレベルも大きく違ってくる。
雄琴では高級店相場である三万円も払えば
いい女のソープ特有の技術を存分に堪能することができるだろう。
マットプレイの阿波踊りやたわし洗い、潜望鏡など
男性を気持ちよくさせるソープの技術は日本の伝統芸といっても過言ではないだろう。
また大衆店のソープ相場はだいたい一万円くらいであるが、
やはり女性は年齢が高目かルックスに少々難があることは仕方ないだろう。

コメントをどうぞ

お気に入り